しんそう本部調整院 Shinso Therapy しんそう療方®
〒604-0883 京都市中京区間之町通り竹屋町下る楠町610番地 森ビル62号

受付時間
10:00~17:00(予約制)
※日曜・祝日を除く
アクセス
地下鉄 丸太町駅 徒歩3分

お気軽にお問合せ・ご相談ください

075-212-2365

施術案内

しんそう療方®️ SHINSO Therapy 

登録商標 しんそうのロゴマーク

〜無痛で「体の形」を左右対称に〜

あなたの「体の形」は左右対称でしょうか?
左右対称に体を、手足を、動かすことができるでしょうか?
なぜ、左右対称であることが必要なのでしょうか。

私たちの体の形(筋骨格形)は大原則として、背骨を中心に左右対称に構成されています。
左右対称に構成されたものは、左右対称に動くことができるはずです。
この基本形の状態を「解剖学的基本の肢位」と言います。

この状態にある時、私たちは重力のあるこの地上で、一番効率よく、負担少なく活動できます。
生き物や動く物(ロボットや飛行機など)の多くのフォルムが左右対称なのは、そのためです。

反対に、解剖学的基本肢位からかけ離れる(ゆがむ)ほど、重心軸はブレ、体の一部に負担をかけながら活動することになります。

ここから痛みや不調が発生して行くと、しんそう療方では捉えています。

-----

しんそう療方は、とてもシンプルな考え方です。

持って生まれた設計図通りに、傾きやねじれなく滑らかに関節を動かせている間は、故障はない。
だから、傾いた体、ねじれた関節は、元の場所になおす。

ごく当たり前のことに思えますが、従来の対症療法では「痛みを治す」事に焦点があり、「体の形や動き」の乱れは目の前に見えているのに、全く診てもらえません。治す対象ではないからです。

体は実は、いつでも体の状態を表現してくれています。

調子が悪い時は、首や体、手足が左右対称に動かせなくなって「動く仕組みが上手に機能しなくなっている」と、目の前で訴えています。

この体からの訴えを、一番やさしく、自然な方法でなおして行くのがしんそう療方です。

詳細はこちらへ(準備中)

腰痛・シビレ
痛みの原因を解決します

腰痛やシビレがある時、体には何が起こっているのでしょうか?なぜ、症状が出るのでしょうか?

腰痛やシビレのある体には全て、共通点があります。
それは、「腰椎が傾いている」ことです。

正確には、「傾いている」ではなくて、「傾けられている」です(骨は自分から動いたり傾いたりできないので)。

とにかく、大黒柱である腰椎(背骨)が人体模型のように、綺麗な配列をしていれば、体はなんの痛みもなく、なんの問題もなくスムーズに動くことができるでしょう。

ところが腰椎が傾くと、腰椎のそばを通る神経を圧迫したり触れたりする期間が増え、痛みやシビレの症状が出るとしんそう療方では捉えています。

そこでしんそう療方は、傾いた腰椎を、人体模型のような傾きのない腰椎の状態になおす(近づける)施術を致します。

腰椎の傾きの原因を取り除くのに、痛みや強い力は必要ありません。むしろ、痛い刺激は体に負担を与え、反発されてしまうので、そのような刺激は行いません。

注意深く、負担をかけないように、やさしく手足を動かして体に反応させ、腰椎の配列を整えていきます。

それでは、【腰椎を傾ける本当の原因】とは、何でしょうか?
そのお話は次のページで!

詳細はこちらへ(準備中)

頭痛・肩こり
悪い姿勢を解決します

頭の重さは、およそ5~6kgほどあります。5kgのお米の袋といえば、買い物カゴに入れるとかなり重たく感じますよね。この重たい頭を直接支えているのが、重さの割には細い印象の首です。

​頭痛や肩こりなど不調のある体には全て、共通点があります。それは、「頭が体の中心ライン上にない」ことです。

なぜ、頭が体の中心ライン上からはみ出てしまうのでしょうか?
その理由は、頭の直接的土台である首や肩の均衡が崩れている事と、もう一つは上半身の土台である下半身の傾きをカバーするために上半身が傾かざるを得ない状況にある事です。

ここでは一つ目の、頭の直接的土台である首や肩の均衡を崩れについてお話しします。
頭を支える頸椎(背骨)が人体模型のように、理想的なS字カーブ(横から見て)、理想的な配列(前後から見て)であれば、上下左右に滑らかに頭を動かすことができます。この状態であれば故障はどこにもないので、痛みや不調などの症状は出ません。当然、頭は体の中心ライン上にあります。

しかし、頭痛や肩こりなど不調のある体は、頸椎(背骨)の配列やカーブに乱れがあり、頸椎の関節がうまく動かない、ひっかかりがあるなどして、上下左右滑らかには動きません。この状態が長くなると、例えばひっかかる場所は摩擦が起こるわけですから、炎症が出てくるということになります。痛みや不快感も同じです。この時、頭は体の中心ライン上からはみ出ています。

重たい頭を支える土台が、バランスが悪く、グラグラ不安定な状態では、首・肩周辺の筋肉に負担をかけることは想像に難くありません。

そこでしんそう療方は、頸椎(背骨)の配列を、人体模型のような状態、故障のない初期設定のような状態に修正することを目的とした施術を行います。

首や肩がどのように均衡を崩しているのかを検査で確認し、その要因を取り除いていくように手や足を操作していきます。痛くないように、非常にソフトに手足を動かし、体に反応させ配列を整えていきます。

それでは、【頭を傾ける、そもそもの原因】は何でしょうか?

詳細はこちらへ(準備中)

産前産後・女性の悩み
バランスを整え解決します

例えば、生理不順の体、生理痛がきつい体、神経痛のある妊娠中の母体、逆子になってしまう母体、育児中で腰痛の出る体…

こうした女性達の体の共通点は、「体の形」が解剖学的基本の形でなくなっている、ねじれや傾きがある、ということです。当然、骨盤もねじれたり傾いたりしているので、骨盤の中に納まる子宮をはじめ臓器にとって、一番心地良い、一番負担のかからない環境ではなくなっています。どこかに、負担のしわ寄せが行っている状態です。それが、個々の症状になって表れます。

このような困りごとを抱えた女性達の体の形を整え、背骨の配列が整え、骨盤の傾きやねじれがなくなった結果、症状が消えた、困りごとが解決した...そのような喜びの声を、しんそう療方の始まった40年前から、数えきれないほどいただいています。

何か特別なことをするわけではありません。ただ、「基本の体の形」に整える。それ以上でもそれ以下でもありません。

しかし、「基本の体の形」それこそが、臓器や筋骨格にとって一番心地よい、一番負担の少ない環境であり、体をめぐる水分や血液の流れも一番スムーズに行われる環境でもあります。血流が良くなることも容易に想像できます。

美しく健康の源となる体の形を、しんそう療方は目指します。

それでは【骨盤をゆがめる要因】を見てみましょう。

詳細はこちらへ(準備中)

もっと元気に動ける足腰と体に!
姿勢と関節の動きを最高にします

2本の足は、左右対称の構造を持っています。2本の足の筋肉、神経、関節の作りは、左右対称です。この2本の足がバランスよくスムーズに動けば、いくつになっても自分の足で歩くことができます。

ところが、足の構造が傾き、ねじれ、ゆがむことで歩きにくくなり、運動の減少や故障につながります。

多くの方は、足や膝に痛みが出たり、歩きにくいと感じない限り、足に問題があるとは気づきません。

2足歩行のロボットを作ると想像してみてください。2本の足を、どのように作りますか?おそらく、2本の足を同じ寸法で、左右で同じ様に曲げ伸ばしができる構造で、2本の足が同じように「動く」事を無意識のうちに前提にすることでしょう。

しかし検査をしてみるとわかるのですが、生きている体は、足を左右均等に体を使うことはないので、左右が同じように曲げ伸ばしができなくなっています。つまり、足にねじれやゆがみが生活とともにどうしても生じてしまいます。

このねじれやゆがみが個体の限界を超えると、症状に転じることになります。

しんそう療方では、この足のねじれやゆがみを手直しし、負担なく歩ける、負担なく体を支えられる足に修正します。

施術の帰り道「両方の足に体重が乗っている感じがする」「体が軽い」「足の運びがいい」という感想を持つ方がおられるのは、そのためです。

年齢を重ねてもしっかりと動ける体を保つには、故障のない設計図通りの構造(基本の体の形)に手直しをする事と、動力となる筋力を保つ事、両方が必要です。

体の癖・ゆがみの原因は体ごとに違います。それに合わせた運動方法やストレッチをご提案いたします。

詳細はこちらへ(準備中)

子ども向けプログラム
しんそう体操 姿療法 姿教室

猫背が気になる、姿勢が悪い、じっと座っていられないなどのお子さま向けに、姿勢を正しく保つ体操やストレッチをご用意しています。

ゆがみが小さくシンプルであれば、体操やストレッチで改善することができます。
ご要望があれば児童館などへの出張指導も承っております。

健やかな子供の成長のためには、ゆがみが少ない条件で成長することがとても大事です。
曲がってしまった柔らかい苗木は、曲がったまま成長します。固い幹になってしまってからでは、まっすぐに戻りません。

歯みがきは歯が生えた時から、親が丁寧に行い指導を繰り返します。そのような家庭や社会で育った子どもたちは、学校でも歯みがきをするようになります。昔に比べて、虫歯の子ども達が少なくなっているのは、虫歯予防に対して社会の成熟が背景にあるからです。

虫歯になってから治療するのではなく、虫歯にならない習慣を作る。体も同じことが言えると思います。

日常で体をゆがめないコツがわかり、家庭でも学校や社会でもそれを意識する環境作りができ、維持できれば、80年後ひどくまがった腰や膝にはならないことでしょう。

日々の体のゆがみをこまめにケアすることで、自分の体と対話できるようになる、姿勢を意識できるようになる、体の異変に気付きやすくなる。そのようなメリットは沢山あります。

子ども達にも、子ども達の周りにいる大人達にも、是非知っていただきたい体操やストレッチがあります。
子どもも大人も、健康な未来のために「姿整習慣」を作りましょう!

詳細はこちらへ(準備中)

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
075-212-2365
受付時間
10:00~17:00(予約制)
定休日
日曜・祝日

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

075-212-2365

フォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2021/08/13
お盆休み:8/13~15とさせていただきます
2021/07/16
[患者さまの声]更新しました
長年の腰のお悩み
2021/06/19
[患者さまの声]更新しました
頭痛のお悩み・花粉症のお悩み

しんそう本部調整院

住所

〒604-0883 京都市中京区
間之町通り竹屋町下る
楠町610番地 森ビル62号

アクセス

地下鉄丸太町駅 徒歩3分

受付時間

10:00~17:00(予約制)

定休日

日曜・祝日